十勝の自然を楽しむための宿 ロッジラッキーフィールド

Lodge Lucky Field     

十勝の自然を楽しむための宿 ロッジラッキーフィールド

080-0562 北海道音更町東音更幹線45

電話/FAX:0155-43-2778

 info@lodgeluckyfield.com

 
このダムは十勝川の支流にある。水量が安定している。このダムはブラウントラウト、ニジマス、サクラマスがメイン。水温が低い時期は岸際でサクラマスが釣れ、初夏から夏はブラウントラウトとニジマスが岸際をクルージングする。水温の変化が少なく真冬でも流れ込み周辺は凍らない。雪をかき分けて湖畔に下りて、70クラスのブラウントラウトを狙う強者もいる。両岸を崖はばまれ、釣りが困難な場所が多い。そのため湖の魚は釣り人から免れる。2008年の6月には92センチのブラウントラウトが釣られている。過去にメーターオーバーが釣られたり、70センチオーバーが珍しくない。知る人ぞ知る大型のブラウントラウトが潜む場所。







釣りの季節は、2月、3月は流れ込み部でのシンキングラインの釣りが一般的。真冬でも魚の活性が高く、流れ込み部でストリーマーで釣れる。4月はワカサギが岸よりする季節で、氷が解けた直後は1年でも大物が釣れるチャンス。雪解けまえのクリアーウォーターはチャンス。5月は雪解け水でやや白く濁っているが、特に問題なくサクラマスがよく釣れる。(釣れたらすぐにリリースすること)。ルアーで9cmほどのワカサギに似たミノー、フライでは白やオリーブのゾンカーやウーリーバガーが定番。6月の雪解けが収まる頃からドライフライの釣りが始まり、6月下旬から7月上旬がモンカゲロウのハッチとエゾハルゼミのドライフライの釣りが楽しめる。8月、9月は水温が高いが、大雨の後は大チャンス。流れ込みに大型の鱒が入る。10月から再び岸際の木から落ちる落下昆虫に岸際をクルージングするライズが始まる。秋のドライフライの釣りはとても面白い、風がやめばワクワクする時間が始まる。そして再び水温が下がり始める11月がストリーマーで大型を狙える。









http://livepage.apple.co.jp/

ビッグブラウントラウトドリーム 十勝川支流のダム

 Top Page   >>   Fishing >>   Dream of Big Brown Trout Fly Fishing