Lodge Lucky Field     

十勝の自然を楽しむための宿 ロッジラッキーフィールド

080-0562 北海道音更町東音更幹線45

電話/FAX:0155-43-2778

 info@lodgeluckyfield.com

 

Miyabe dolly varden char of L.Shikaribetsu

然別湖のミヤベイワナ

 北海道鹿追町の北にある然別湖は、私のなかではかなりオススメ度の高い湖です。安定した水量、水の美しさ、景色のすばらしさ、こんな場所で釣りができることだけでも幸せな気持ちになるのです。もちろん天気最悪という厳しい姿も受け入れてあげましょう。大雪山国立公園の日本離れした針葉樹の森も最高のロケーションです。


Variety of Miyabe dolly varden char

ミヤベイワナのバラエティ

 なんといってもミヤベイワナは美しいイワナです。ミヤベイワナは簡単に言うと、湖型オショロコマ。噴火によってできた湖を生活の場所にしたオショロコマは1万年ともいれる長い時間のなかでミヤベイワナへと独自の進化を遂げたのです。然別湖の水とミヤベイワナの生態がミヤベイワナの美しさ、そして釣りの面白さになったのです。


 ミヤベイワナはブラウン、グリーン、ブルーの3タイプの色があると言われています。 これは、ミヤベイワナの背中の色で、然別湖の水温とミヤベイワナがいる場所が関係しています。そして色が青にちかづくほど釣ることが難しくなっていくのです。


 ブラウンバックは岸近くにいるミヤベイワナで湖底の石の色をしています。6月上旬シーズン初期のまだ水温が低い季節は岸際を泳ぎ、フライでもルアーでも比較的簡単に釣れてくれます。


 グリーンバックは、6月中旬、湖の水温が上がってくるとミヤベイワナは徐々に深い場所へ移動します。ミヤベイワナの体色は徐々にブラウンからグリーンへと変化していきます。水深のある岸近くのかけ上がりで釣れます。深く沈めたルアーやフライに反応します。


 そして、最もミヤベイワナらしいブルーバックが、6月下旬から7月上旬に釣れます。水温の高い岸際から離れ、湖中央部の100mちかくある水深の10〜15mの中層を泳いでいます。このミヤベイワナこそが、然別湖の水の美しさを映すブルーバックに朱点が散りばめられた宝石のようなミヤベイワナであり、釣ることが最も難しいミヤベイワナなのです。



Miyabe dolly varden char on Fly、Lure

ミヤベイワナのフライ、ルアーフィッシング


ルアーで釣るか、フライで釣るか、どちらが釣れるかといえば、ルアーの方がよく釣れます。湖の中層を泳ぐミヤベイワナは、表層にいることはまれで、基本的にじっくり沈めて釣る必要があるので、スプーンやスピナーなどのルアーの方がよく釣れます。ですが、シーズン初期の岸際にいるミヤベイワナは8番ロッド、タイプ3のシンキングラインにシンクリーダーをつけてしっかりと沈めれば釣れます。もちろん然別湖には大型のニジマスやサクラマスがいるので、それらも楽しめます。ルアーの場合は、5〜10gのルアーを投げれるタックルに1.5号ほどのラインが巻いてあれば楽しめます。6月中旬以降、ミヤベイワナが釣れる水深が深くなると、10gほどのスプーンやジグを深く沈めて中層を引くようにして狙います。


Regulation of Miyabe dolly varden char

レギュレーションについて

 北海道の天然記念物に指定されているミヤベイワナは厳しいレギュレーションのなかでの釣りになります。解禁日が春と秋の2回に決められていて、一日の定員が50組まで、完全キャッチアンドリリース、バーブレスシングルフックの使用が義務ずけられています。トリプルフックの使用は禁止です。またボートからの釣りがメインで、貴重な動植物を保護するために岸に上陸する場所が限られています。ボートを係留することも禁止なので、ボートの操作とロッド、ラインの操作をする必要があり、1人で釣ることが難しいことも難点です。必要に応じてガイドを雇えばこの問題は解決することができます。然別湖はこの厳しいレギュレーションがいつまでも楽しめる釣り場として維持されているのです。


 然別湖はロッジラッキーフィールドから車で40分。ロッジの窓から山の天気を見てから出かけることもできるほどの場所にあります。然別湖の事務局の田畑夫婦や澤田さん、高橋さんなど、然別湖の釣りを支えている人たちもとても釣りが好きで、暖かみのある人たちです。然別湖へ出かけるときはそうした人たちに会うことも楽しみです。然別湖の釣りはすばらしい公式ホームページがありますので、そちらをもご覧下さい。解禁日や料金などの詳細を見ることができます。Great Fishing in Lake Shikaribetsu


そして、この然別湖。フライフィッシングで面白いのが秋のシーズン。第2ステージなのです。湖の岸際で起こる大型ニジマスの静かなライズ・・・。最高のシーズンです。


秋の然別湖の釣りはこ・ち・ら・・・


 Top Page   >>   Fishing >> Miyabe dolly varden char of Lake Shikaribetsu